ふるめも

アニメ、アニソン、ラノベ、イベントなどの感想、レビュー的なもの。

Just Because! 4話「Full swing」感想・考察

アニメの感想を書くぞ!と意気込んだけれど無計画すぎるので唐突に4話の感想から書いちゃったりします。

のんびり書いていたら既に5話が放送されているけど4話の感想をウキウキ書いてしまいます。

書き終えたらさっさと5話を見てそっちの感想も書いていきたいですね。

f:id:ll_mfu_ll:20171102165350j:plain

©FOA/Just Because! 製作委員会

Just Because! 4話「Full swing」

絵コンテ:吉田泰三、小林敦

演出:三浦慧

作画監督:南井尚子、本田敬一、東亮太 山口菜、緒方歩惟、三島詠子

総作画監督:高田晃

あらすじ

陽斗は美緒の飼い犬で苦手を克服し、初詣に葉月に告白しようと決めるが、美緒は複雑な気持ちでいた。恵那は瑛太が美緒を好きなことを見抜き、告白をけしかける。元日、瑛太たちの配慮で陽斗は葉月と二人きりで白旗神社に初詣する。あとから来た美緒は陽斗の告白を応援すると強がるが、美緒の気持ちを知る瑛太はそれを咎める。陽斗はようやく葉月に告白するが「つきあえない」と断られる。(Wikipediaより)

 ということで主に初詣でのお話。

 話の比率としては夏目→相馬→森川の話が軸になりつつ、瑛太→夏目もやや深く踏み入ってきた感じでしょうか。

 後半は「えのすい」組がメインだったため出番が少なかったですが序盤は瑛太-小宮の絡みがだいぶ重く描かれていて、今後の展開としては一番楽しみとも言える部分ですね。

 シーンをいくつかピックアップしながら振り返っていきます。

感想・振り返り

「うまくいくと良いね、告白」

f:id:ll_mfu_ll:20171106034418j:plain

©FOA/Just Because! 製作委員会

 個人的に3話で一番印象に残ったシーン。

 相馬に言葉をかけながら自分自身に問いかけた「私、いま上手く笑えているかな?」といった言葉が完全に聞こえてきてしまいます。

 相馬が好きだからこその夏目の表情が良すぎてう~んこれは瑛太の気持ちが分かってしまうな~となってしまいますね。

「今の調子で会長にも告白すればいーじゃん!」
f:id:ll_mfu_ll:20171106021342j:plain
f:id:ll_mfu_ll:20171106021348j:plain
©FOA/Just Because! 製作委員会

 さすがに小宮さんも好きすぎですね…。

 転校してきてからも相馬や夏目といった中学の頃の同級生とまた一緒にいる瑛太にとって小宮の存在は新鮮さの象徴になっていると思います。

 小宮の自由奔放で突拍子がないパワフルな部分は今までの交友関係で瑛太があまり触れてこなかった部分であり、また瑛太自身にもない部分であると思います。

 瑛太が今までつくってきた世界、自分自身の立ち振まいが小宮によってどう色づけられていくのか、どう変わっていくのかというのは本当にこの作品の見どころになりそう。

 3話での小宮と瑛太の絡みもこの段階では小宮は興味本位で突っ込んでいるだけであると考えています。

 受験や相馬の事で煮詰まっている夏目を見ている瑛太も晴れ晴れとした気分ではないので小宮のズケズケと付け込んでくる性格に鬱陶しさは感じながらも実は助けられ、楽しめているのかもしれません。

「私がいま面白ければ良いの」

f:id:ll_mfu_ll:20171106023935j:plain

©FOA/Just Because! 製作委員会

 だからと言って小宮も何も考えずにヘラヘラかき回しているアスペキャラではありません。こういう芯がしっかりしてそうなヘラヘラキャラにはそれ相応の生い立ちがあるものです。

 普通のヘラヘラしてる子が「私がいま面白ければ良い」なんて絶対言わないしこれはもう事件に遭っていたり何かトラウマを抱えていたりしているでしょう。

 それが「だから絶対廃部になんかさせない」へどう繋がっているのかも気になるし何もかも楽しみですね。

f:id:ll_mfu_ll:20171106025406j:plain
f:id:ll_mfu_ll:20171106025409j:plain
©FOA/Just Because! 製作委員会

 依子の「でも、男子ってああいうの好きでしょ?」に「別になんとも思ってない」と答えた瑛太、恐らくはこの段階の本心であると思うし「一緒にいると楽しいかも」とすら明確には思っていないように感じます。

 最終話辺りまで進んだ後にこのシーンを瑛太に見させたら「そりゃ、好きだけど」みたいに言いそうな気がしちゃいますね。全く分からないけど。 

それぞれの初詣
f:id:ll_mfu_ll:20171106030830j:plain
f:id:ll_mfu_ll:20171106030833j:plain
©FOA/Just Because! 製作委員会

ついに告白した相馬!フラれました!仕方なし!

f:id:ll_mfu_ll:20171106031045j:plain
f:id:ll_mfu_ll:20171106031049j:plain
©FOA/Just Because! 製作委員会

 相馬の大胆な告白の裏で瑛太と夏目の大きく動いていました。

 ここでの瑛太苛立ちの感情が大きかったのではないかと個人的には思います。

「必死に、受験を言い訳にしてさ」と食って掛かる瑛太

 瑛太が夏目が好きだけれどそれを半ば諦め、隠しているのは「夏目は相馬が本当に好きだし本人が良いならそれが一番」と思っているからだと感じます。

 だというのに最近の夏目はウジウジしていて耐えられず、しかし言わば「自分が納得するための怒り」を夏目にぶつけてしまいました。

 瑛太はそういうので自己嫌悪してしまいそうなタイプだしすぐに「余計なこと言った、ごめん」と言っていますが恐らくこういった感情が爆発するような機会はあまりなく、感情の行き場を失っている感じでしょう。

----------

 瑛太→夏目→相馬→森川と分かりやすい矢印を掘り下げていた3,4話。

 相馬の告白を持ってとりあえず一段落というか一区切りついた感じでしょうか。一区切りなだけで色々と更にこじれてきましたが…。

 少し関係性が崩れたので小宮、そして他の個性あるサブキャラ達がここにどう入り込んでくるのか、どう展開していくのか今後もとても楽しみです。

 

5話「Rolling stones」感想はこちら

fullmemo.hatenablog.com