ふるめも

アニメ、アニソン、ラノベ、イベントなどの感想、レビュー的なもの。

「あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた(MF文庫J) / 広ノ祥人」感想・レビュー

個人評価:★★★★★

完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた!そんな涼葉の本音―それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ!お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね!ということでさっそく告白をしたものの…断られちゃった!?MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!

 第13回MF文庫Jライトノベル新人賞・審査員特別賞受賞作。

 普段は高圧的でキツい性格の生徒会長・氷室涼葉に想いを寄せる副会長・田島愛斗。そんな愛斗がある日現れた神様の力によって氷室の言葉の裏に隠された本当の気持ちが聞こえるようになり両想いだと知るのが物語の始まりとなります。

 両想いだと分かっているのにどう展開していくのかと思いましたが、表面上のやり取りではあまのじゃくすぎる氷室の発言と本当の声が聞こえていない体でいる愛斗のすれ違い続けるラブコメでした。お互いが一途なことと氷室の本音が分かっているからこそこのすれ違いは非常にもどかしく、しかしそれこそがこの作品を上質なラブコメとして昇華させていたものだったと感じます。

 そして何よりヒロイン氷室涼葉が本当に最高のキャラクターでした。表ツン100%裏デレ100%という新感覚ツンデレとそのデレの甘々さに悶え死んでしまいます。とても大好きになってしまったしまだまだ続編が書けそうな展開なので続いて欲しいところ。