ふるめも

アニメ、アニソン、ラノベ、イベントなどの感想、レビュー的なもの。

「陰キャになりたい陽乃森さん Step1(電撃文庫) / 岬鷺宮」感想・レビュー

個人評価:★★☆☆☆

【次巻】「陰キャになりたい陽乃森さん Step2(電撃文庫) / 岬鷺宮」感想・レビュー - ふるめも

陰キャと陽キャ―俺たちに課せられた、透明な上下関係。お互い理解し合うことはできないし、そばにいても生まれるのは不幸だけ。だから俺は思っていたんだ。陰キャと陽キャは、別々に暮らすべきだと。なんなら、学校やら自治体レベルで、隔離して生きていくべきだと。なのに―そんな俺らが集う通称「陰キャ部」。陰キャだけの安息の地に、彼女はやってきた。陽キャ中の陽キャ、リア充中のリア充、陽乃森さん。しかも、彼女は…「わたしに陰キャを教えてよ!」なんて言いだし―え、ちょ、本気!?自分が言ってることの意味わかってる!?わかり合えない俺たちの、異文化激突青春ラブコメ!

 クラス内に存在する透明な上下関係、陽キャと陰キャというスクールカーストをテーマにしたラブコメ。引きこもりの妹とどうにか近づくため、陽キャオブ陽キャの陽乃森が陰キャを目指す物語。

 陽キャと陰キャといったテーマへのアプローチは癖がありある程度楽しめましたが全体的な展開、結論としては良くも悪くも無難といったところ。しかし無難である分読みやすさはあり、またベテラン作家らしく起承転結のハッキリした分かりやすい作品でした。

 陽キャ陰キャとしての部分は楽しめたと書きましたが、最終的な作品のテーマとなった「自分の価値観を大切にする」部分の説得力にはそれまでのドタバタが上手く活きていなく、作品として読者に伝わってくるものは薄かったかもしれません。

 1巻で完全に陽乃森が陰キャになる必要がなくなったので次巻以降どう展開していくのかは気になります。どうでも良いですが陽キャが陽キャというよりDQN(死語ですかね)みたいだったのが少し煮え切らない気持ちになりました。